OWNER’S INTERVIEW

私たちがプラセシオン堀田駅前を選んだ理由。

T様ご夫婦(ともに20代)

同期入社で出会い、社内結婚されたT様ご夫妻。
結婚当初から、2年後にはご自宅を購入されたいと考えていた。
奥様のご実家のある堀田駅前エリアは、ご自身も育ったなじみ深い地。


夫:
僕が知多で電車通勤、彼女は東海市で車通勤。共働きなので駅が近いことは絶対条件。その点、プラセシオン堀田駅前は駅が近く、名鉄も地下鉄も利用できるので条件にぴったりでした。
妻:
実家が堀田で、私もこの地で育ちました。堀田は多路線が利用できるし、スーパーや病院、保育園などがあってとっても便利ですが、大通りを一本入れば静かな住環境も手に入ります。商店街があるからか、住む人の年齢層も幅広くて地域のコミュニティも生きていて、人と人のつながりがあるあたたかいエリアでもあると思います。将来家族が増えても仕事を続けていきたいと考えているので、実家が近ければサポートしてもらえやすいというのもプラスの点でした。

自分たちらしさを出しながら、カスタマイズを楽しめました。

夫:
僕の実家は戸建、彼女の実家はマンションなので、それぞれの長所短所の比較ができました。家族が増えた時、広い家がいいと思い戸建も考えましたが、駅に近いところはなかなかありません。実家のメンテナンスで大きな金額が必要だったと知ったことも不安要素でした。ただマンションは、完成したものを買うというイメージ。自分たちらしさというか、自分たちの住む場所を作るという楽しみがないのが残念に思っていたのですが、【プラセシオン マンションギャラリー】へ行って、自分たちで床や建具の色、キッチンや洗面台の高さを選べると知った時は嬉しい驚きでした。

妻:
広い家への憧れはありました。でも実家のことを考えた時、私も妹も家を出て、今は4LDKに両親と祖母だけで部屋が余っている状態。部屋の数や広さだけではない暮らし方があると思い切れました。部屋を有効に使えるよう扉を引き戸に変更したり、コンセントの位置を変えたり、憧れのアクセントクロスをリクエストしたり、カスタマイズを楽しみました。

駅近、住環境、カスタマイズ、
私たちの希望にぴったり合っていました。

妻:
実母が「プラセシオン堀田駅前建設予定」という看板を見つけて、マンションギャラリーに行ったのですが、デザイン、駅近、堀田の暮らしやすさなど、総合的に気に入ったので、決断は早かったですね。今住んでいる賃貸住宅の更新のタイミングや、カラーセレクトなどの期限があったことも後押しになったかな。
夫:
実は、同じ沿線で完成予定の別物件も検討しました。ただ、実際に現地に行ってみると、思ったより駅まで距離があったこと、まだ先になる完成時期。それを待ってプラセシオン堀田駅前をあきらめていいのかと随分葛藤しました。
妻:
プラセシオン堀田駅前は、駅に近いけれど大通りに面していないので静かですし、大きさもちょうどいい。比較して悩んだから、私たちが希望していた条件にぴったり合っていたことにも気づけました。

早く決断した事で、お部屋のコーディネートなどじっくり検討できる楽しみが増えました。

妻:
一緒に居られる週末は、お出かけの多いアクティブ派の私たち。でも新しい住まいではインテリアや雑貨にこだわったお洒落な住まいづくりをしていくのも楽しみです。早く決断した事で、お部屋のコーディネートを考えるのに集中できているので、家具とかインテリアを選ぶのがとても楽しく、新しい生活を想像してとてもわくわくしています。

K様ご夫婦(ともに30代)

現在の住まいの周辺にはスーパーなどの商業施設や、気軽に立ち寄れるカフェなどがなく、共働きのお二人は不便さを感じていた。住宅購入にあたっては、それぞれの通勤の快適性を考え、駅に近い立地を検討。ともに地元出身ではなく、転勤族でもあるため、将来的に賃貸に出す可能性を考えても、交通の利便性は第一条件。

木目の美しさと無駄なスペースのない間取りに魅了されました。

妻:
住宅購入を考え始めてから、マンション広告を気にするようになりましたが、実際に足を運んだのは2物件だけ。【プラセシオン マンションギャラリー】では、木材を扱う会社らしく、木目が多用されている室内デザインにすっかり魅せられました。夫とも「木目がいい味を出していて素敵だよね」と。広々としたLDKや、無駄なスペースのない間取り、主婦目線で設計された収納など機能面で行き届いている点も気に入りました。
夫:
僕の身長は186cm。ハイサッシを設置したLDKは天井も高く、開放感があって快適に暮らせそう。これも決め手になりましたね。

転勤も想定した上で、資産価値からも駅近は必須条件でした。

夫:
大阪、和歌山と、それぞれ県外の出身の上、僕は転勤があるかもしれない。そうすると永住しない可能性も考えられます。いずれは貸すことになる場合を想定すると、駅が近いことは資産性の面でも必須条件でした。

妻:
共用サービスが充実してそうなマンションも検討しました。宿泊施設など、共用サービスが充実していて便利な一面もあるとは思うのですが、その分、管理費などが高い。はたして共用サービスを使うのかと考えた時、私たちには無駄な出費に思えました。自分たちの暮らしに必要なものが過不足なく揃っていたのがプラセシオン堀田駅前でした。

親身に相談に乗ってもらったおかげで不安要素を解消できました。

夫:
プラセシオン堀田駅前は、立地、デザインなど条件には合っていましたが、それでもマンション購入は大きな買い物です。購入価格を考えると、中古マンションでもいいのではとも思いました。そんな「本当に買ってしまっていいのか」という不安にも、営業やファイナンシャルプランナーの方々が親身に相談に乗ってくれました。近年、名古屋の地価が高くなっていることや近々施行されるかもしれない消費税アップなど、様々な要因を考え、相談した結果、自分達にとって「今が買い時」だと安心して決断することができました。
妻:
名鉄や地下鉄の駅に近く、市バスも利用しやすい。周りにはスーパーなど商業施設も揃っています。高級感のある室内デザインや、暮らしやすそうなレイアウトなど、これ以上の物はないと思いました。

徒歩圏内に商業施設が充実しているので毎日が便利に楽しくなる予感でいっぱいです。

妻:
私の職場へは、バス1本で通えるようになります。毎日の生活に、余裕の時間ができそう。
夫とは、スポーツジムに通ってみようかと話しています。歩いて行ける範囲にお店などが色々あるので楽しみが増えそうな嬉しい予感がしています。
夫:
それぞれの実家への帰省には車を利用します。堀田は高速道路入口も近いので、便利になりますね。
page top